カサエゴ

Casa Egoista (定員一名の小さな家)

密楽の日々

穴場のインゲヤード・ローマン展

10月最後の日曜に訪れた*1国立近代美術館工芸館のインゲヤードローマン展。 閉館一時間前には入るべし。理由は後述 コレクションには磁器もある 段ボールの天板がユニーク 彼女はプロダクトデザイナーなので展示品の殆どは売り物であり(我が家にも二つばか…

久々の施主の集い

残暑厳しい平成最後の9月初頭、久々に家がらみの来客。言わずと知れた杉茂ことS氏、風樂房のらっきょさんご夫婦、kinocoのHさんにマニハウスのMさんが見えられ、眼下に広がる縁日の屋台などを見ながら大いに飲み(頂いたビールを)かつ食べ(頂いた肴を)な…

冷蔵庫を新調

13年間故障一つなく働き続けたナショナル(パナソニックではない)の冷蔵庫を買い替え。 水漏れなど困ったトラブルは一度として起こっていないものの長年の使用でドアがやや下がってきたこと、自炊の頻度が高まるにつれさすがに小さ過ぎる不便さ’を感じるこ…

飴色の家

日大の危機管理学部って何の冗談ですか。 珍しく時事ネタから入るが、一連の騒動で一番の被害者となるのは同学部の学生に違いない*1。これから就活に臨んで面接で「大学では危機管理学を学びました」なんて言ったところで、全く危機管理が出来ていない大学で…

アオダモ二度目の春ブースト

昨年植え付けてから初めて越冬し、再び元気に新緑を吹き出した二代目シンボルツリーのアオダモ。 昨年三月に植え付けてからすぐに枝を伸ばしたのだが、 二度目の春は更に成長が加速している。 緑色の枝がこの春ののびしろ 新しく伸びた枝は40㎝はあろうか。 …

下町の湯、廃業

行きつけの銭湯までは徒歩15分。 帰宅までに汗をかいてしまう夏場やその逆に身体が冷え切ってしまう真冬を除いては月二回は訪れている山吹町「松の湯」。なんということのない普通の銭湯であるところがまた良い。 前の週に降った雪もあらかた溶けた二月の週…

大雪の東京を堪能する

積雪1823㎝の大雪に見舞われた今日の首都。郊外住まいの同僚が阿鼻叫喚の中を涼しい顔で帰路につけるのは都心住まいの特権といえる。 千代田区にある現在の職場から自宅最寄り駅まではたったの二駅なので、郊外路線がどれほど混乱しようともほぼ影響なく帰宅…

はてブロにお引越し

Bloggerから引っ越しました 少しばかり面倒くさかったものの無事引越し完了。教訓、FC2は使えない。笑

寄り道、脇道、回り道

どうやらS氏が豆から挽くコーヒーに嵌まっているらしい。コーヒーの嗜好はおよそ不可逆的で、レギュラーコーヒーの美味さを知ったらインスタントコーヒーには戻れないし、自分の好みに豆を挽くことを覚えたらもうコーヒーを粉で買うことはない。マラソンや蕎…

イエロー・ノベンバー

&ディセンバーの思ひで。職場から英霊の祀り処までは徒歩30秒職場から英霊の祀り処までは徒歩30秒秋から冬に移り変わるほんの数日だけ街がこれでもかというほど黄色に彩られるのは、都の木である銀杏が街中の至る所に植えられているため。なんちゃらノベン…

グリーンカーテン

こうして見ると緑のトンネル。右側に丸裸の欅 元気が良すぎる我が家の裏番モチノキ、今年何度目かの枝打ち。年に一度この時期に丸裸にされてしまうのが恒例となった坂下の欅に代わり我が家のグリーン担当として存在感を増す一方のモチノキの大木。次々に生え…

Machine to Board

少しづつ入れ替わりを続ける家のモノ類、今回の新陳代謝は雑巾洗い用途で購入してから2年余でおしゃかになったミニ洗濯機。燃えないゴミの日に出て行った洗濯機の代わりにやってきたのは、決して故障しない洗濯板。ミニとはいえそれなりの大きさがあった洗濯…

今年も

坂下の神社の例祭の時期を無事迎えられた。2年前からは屋台でたこ焼きとビールを買って家に戻り、ウッドデッキに腰を下して眼前に広がる光景を見下ろしながら飲み食いするのが恒例に。毎年一回のこの風景。桜の時期と同じように、あと何回見られるか…とふと…

日帰りフランスロールの巻

基本的に夏場は一切車に乗らないのだが、それでも機械ものであれば調子を維持するために毎夏一回は運転するようにしている。今月の三連休を利用して大汗をかきながらメンテナンスドライブに繰り出した先は福島市のロマンドーロール本店。21世紀初めに一世を…

葉山の家

GWが明けた次の週末にS氏がリノベーションを手掛けた「葉山の家」の見学会が開催された、本来の見込み客ではない自分もついでにご招待をいただいたので逗子まで行ってきた。毎度毎度思うことだが、誰もがセキュリティやプライバシーをかつてないほど意識して…

貴重な擁壁建築現場

なんということでしょう。営業でもないのに先週は二回に分けて三日も出張になってしまいました。なんということでしょう。仕事は絶対家に持ち帰らない主義なのに、この週末はその主義を曲げてでも家で報告書を書き上げなくてはならない状況になってしまいま…

きのこの家見学会

三月最初の週末、satosatoのTさん宅にて新築見学会。きのこの家と名付けられたその家は重厚な三角屋根と巨大アンテナが特徴の、大変風通しが良さそうなワンルーム。テーブルににソファにソファベッド、キッチンには三口コンロがあり意外に充実している。見学…

流行の先端?

satosatoで採用された洗面台に実験用シンクを使うアイデアがPinterestの事例でも取り上げられている。実用的でおしゃれ!『実験用シンク』で快適な水回りにしよう!記事は今年の9月、satosato完成はその3年前。時代の先を行ってるじゃないか。そのうち「独身…

TINKER TAILOR SOLDIER TOAST

自分にとってのオールタイムベストワン映画は今のところTINKER TAILOR SOLDIER SPYで何度となくDVDを見返すのだが、見る都度トーストを食べたくなる。派手な撃ち合いもカーチェイスも格闘アクションも主人公を誘惑する美女もなく(その代わりゲイカップルが…

Pinterstはイメージの宝箱

見るだけでも楽しい、最近お気に入りのアプリがピンタレスト。興味ある分野を登録しておけば勝手にアイデアや最先端のプロダクトが纏められて配信されるので、家づくりのイメージが今一つ浮かばない人やインテリアの方向性に悩む人にもうってつけのツール。…

どんなCM

先日ポストに入っていたペーパー。23区南側では日常茶飯事のTVロケもこの町では相当に珍しい。今回の撮影の舞台となる坂道も、これまでの映像作品として確認できるのは全力坂くらいで(それもAV女優版)。車が走るシーン。とはいっても車のCMではないだろう…

Like FARGO

映画を撮る兄弟といえばウォシャウスキー兄弟にコーエン兄弟。そのコーエン兄弟の代表作は「ファーゴ」、アカデミー脚本賞を受賞した名作だ。そのストーリーは余りに有名なのでここで多くを語らないが、一言で説明すれば「ボタンの掛け違いで破滅に至る物語…

祭りのあと

今年の縁日も無事終了し、窓の外では撤収作業の音が響き渡る。毎年毎年変わりなく眼下に広がる縁日の屋台は平穏な日常の象徴。また来年~準備も早いが片付けも早い。さすがプロ

例祭2016

9月初めは恒例の例祭と年に一度の縁日。 盆踊りがうるさいといわれては盆踊りをやめ、ラジオがうるさいといわれてはラジオ体操をやめ、拍子木がうるさいといわれては火の用心の巡回をやめ無味乾燥化が進むこのご時世。幸いなことに我が家周辺の住民にはオト…

枝打ち2016

8月最後の週末の朝、窓のすぐ外から聞こえる不審な物音で目を覚ます。ロールクリーンを上げるとそこには、欅の枝打ちに励む植木屋さんの姿が。命綱なし、命がけの枝打ちの図余計なことを…と思うのは落ち葉の始末に頭を悩ますことのない第三者の無責任さ故。…

satosatoBBQの思ひ出

寒くもなく暑くもない、5月初めの週末 しかし炭で焼く食べ物は何でこんなに美味しいのか。 ごっ ごっごっごちそうさまでした!締めのパエリアはもうお店に出せるレベルでこれぞ絶品。前のエントリでも書いたが、人生で「食」を重視する人なら「BBQ出来るかど…

川崎R不動産

小田急小田原線生田駅から緩やかな上り坂を五分ほど登り、メインストリートから分岐した小径を分け入って進むと姿を現わす隠れ家的アパートメント。レトロな窓ガラス一階の一角でカフェを営む趣味人趣味人アンド趣味人のオーナーが自らリフォームを手掛けた…

祝賀の宵

さる四月の週末、S氏とS氏カイワイズの3ファミリーが集まって我が家の完成祝賀会。 祝賀会?…ということにしておこう。楽しんで頂けたならそれに越したことはなし (画像はイメージです) ⒸLegendary Pictures ⒸLegendary Picutures Ⓒ東宝子供のスタミナは…

春を食す2016

どこに行っても大渋滞のGWは敢えてどこにも行かず、家でどくだみの天ぷらを揚げるのが我が家の春の恒例行事。そして天ぷら油が勿体ないので二晩続けて同じメニューとなるのもいつものこと。これで花粉症克服体質も維持。敷地に幾らでも生えてくる食材は新鮮…

気になるデッキ

タイルを貼っているときは街に貼られたタイルや目地の具合が気になり、壁を塗っているときは入った飲食店の塗り壁を目ざとく見つけては鏝さばきをチェックし、柵を塗っている時は保存状態の悪い街角の柵の錆が目について、ウッドデッキを仕上げているときは…