カサエゴ

Casa Egoista (定員一名の小さな家)

11年目のリニューアル

2010年の我が家の完成・入居から初めに行った追加工事がカーシェルターの設置。

3月最終週に入居し、まだキッチンタイルも貼られていない4月初めにははや施工している。

houseforone.seesaa.net

 

こうやって振り返ると10年という歳月の積み重ねは中々重い。考えてみれば10年あれば芋虫同然の赤ん坊もそろそろ中学受験を考える年ごろの半大人に成長するし、愛くるしい仔犬も寝てばかりいる目の濁った老犬になってしまうし、年7%で運用すれば元本は二倍に膨らむし、、ハムスターであれば何と20世代も係累を重ねることになる。親亀子亀孫亀どころの話ではない。大して変わってはいないと思うのは自分の感覚が麻痺しているだけで、実際にはこの家にもその主にも十年の月日なりの変化なり劣化なり熟成なりが確実に生じている筈だ。

ということで10年の月日を如実に示す劣化したカーシェルターのシート交換を10年ぶりに行ったという話。

施工業者は多忙を極めているため、依頼した三カ月経った7月に漸く施工実施。
一人社長の個人事業主でやっているので多忙なのもむべなるかな、この形態のシェルターとしてはほぼ競合不在状態なのでもう少し従業員を増やして工期を短縮すれば収益倍増も見込めると思うのだが、社長曰く薄利なのでとてもそんな余裕はないとのこと。勿体ない

f:id:emash:20200704170606j:plain

10年ぶりにシートを剥がされむき出しになったフレーム

f:id:emash:20200704171133j:plain

コンクリート面の汚れが10年の月日を物語る

フレームは全然劣化していないのでシート交換で十分と思っていたが、シートをフレームに繋ぎ留めているロープが接触する部分の腐食を指摘される。見ればなるほど、水気が抜けないロープが触れているせいでフレームの柱部分に真っ赤な錆びが広がっている。このまま腐食が進行すればフレームが折れて倒れてしまう事態も考えられるので、やはり工事に踏み切って良かった。

 

f:id:emash:20200704171514j:plain

幸い表面のみに留まっている錆を擦り落とし、

f:id:emash:20200704171816j:plain

腐食防止の塗装を上塗りして補修完了

f:id:emash:20200705081245j:plain

張り替え完了。やはり真新しいシートは気持ちがいいね

費用13万円也を支払って新品シートで気分も一新、これからまた10年は車もがっちり守られて安泰。車をあと10年維持できるかの方が問題だが