カサエゴ

Casa Egoista (定員一名の小さな家)

おろしや国一週間(20)マリインスキー劇場に行こう!

ロシアという国の特徴としてあらゆる面における格差の激しさが挙げられる。つい最近においても中国を上回る凄まじい国内所得格差のニュースを目にしたが、

globe.asahi.com

これは共産主義社会崩壊後の混乱でうまく利権を掴めたか掴めなかったかに端を発する現象としても、元々ロシアは(皆がちんたらしていて皆が貧しかったソ連時代を例外として)そういう国なのだ。欧州の中でも飛びぬけて低い識字率(19世紀末まで20%程度)であった頃に生まれたロシア文学は世界最高の評価を得、一般庶民は欧州の中でも飛びぬけて貧しい暮らしを強いられていた一方でロマノフ王朝文化は絢爛を極めた。そして戦時中の占領地域における暴虐非道ぶりが未だに語り草になっているほどの粗野な国民性でありながら、その一方で繊細さと優雅さをもって知られる世界最高峰のロシアンバレエを生み出す。

かくも興味深い国ではあることは別としても、ペテルブルクといえばキーロフバレエ。今はマリインスキーバレエ。20年前のキーロフバレエ東京公演来のルジマートフファンとして、ペテルブルクを訪問する目的の一つはマリインスキー劇場に行くこと。ルジマートフ本人は既にマリインスキーを去っているもののマリインスキーバレエが世界最高峰の一つであることには変わりなく、滅多にないチャンスであればやはり訪れない手はない。

というわけでマリインスキー劇場ウェブサイトからチケットを購入。

f:id:emash:20200329215211j:plain

座席を選んで

f:id:emash:20200329215238j:plain

チケットを発行

チケット代は場所により6500円程度から25000円程度まで。一応支払いまで済ませたがボックスオフィスに行けとか書いてあるし、当日夜の公演まで時間があるのでチケットオフィスで念のため確認してみることとする。

ボックスオフィスの場所はネフロスキー通り沿いの黄色い三角ビル。

 

f:id:emash:20161215122623j:plain

観光客であれば何度となく前を行ったり来たりする筈のこの古いビル

 

二階建てだが中はやたら広く、無数のテナントが入っている。ぐるぐる回ってみるが間口は僅かに一間、看板の一つも出てないので非常に分かり辛い。

f:id:emash:20161215115743j:plain

二階の⑬あたりにある

f:id:emash:20161215115925j:plain

回廊をぐるぐる回る…

f:id:emash:20161215120618j:plain

見つけた。ていうか分かるかこれで(怒)

中に入りウェブで購入した旨を伝えてEチケットで入れるかと聞いたらダメだ今からチケットを発行するという。本当か?まあ先方がダメというからには大人しく紙チケットを受け取る。

日が暮れて劇場に足を運ぶ。最寄りの地下鉄駅はオレンジ色の4番線の終点、Спасскаяスパスカヤ駅。

f:id:emash:20200329221238j:plain

 

劇場前に新駅を作る計画はあるらしいが、訪れた時点ではまだスパスカヤ駅が終点。ここから歩かなくてはならないのだがこれが遠い遠い、足元の悪い中を15分はたっぷり歩く。

f:id:emash:20161215220124j:plain

劇場前は人であふれ

f:id:emash:20161215220208j:plain

お金持ちはタクシーで来るので大渋滞

荷物検査を経て無事入場するとマリインスキー劇場の格式にまず圧倒される。いやジャケットを持ってきてよかった。

あまりいい席が残っていなかったこともあり、購入したシートはR席。R席すなわちロイヤルシート、お陰で開演前に劇場の隅々までよく見渡せる

f:id:emash:20161215215957j:plain

館内の劇場模型、この正面奥のエラソーな席を購入

f:id:emash:20161215184727j:plain

R席は廊下から直通でなく間に控室のような間がある。さすが

f:id:emash:20161215190431j:plain

席から

f:id:emash:20161215184901j:plain

正面

f:id:emash:20161215184856j:plain

右翼

f:id:emash:20161215184905j:plain

左翼

f:id:emash:20161215184840j:plain

そして全景

そして身を乗り出しながらぐるっと動画を

vimeo.com


圧巻の一語につきる。これが両極端国家ロシアのピンキリのピンにあたる部分。

演目は日によって異なるが本日の演目は幸運なことに一番好きなЩелкунчик、すなわちくるみ割り人形くるみ割り人形といえば定番の中の定番、これが好きというのはクラシックでいえば「フィガロの結婚が好きです」というようなもので通に鼻で笑われそうな選択だが好きなものは好きなのだから仕方ない。こと映画では変態ラースフォントリアーのような皮肉で意地悪で救いのない作品ばかり好んで視聴する自分もバレエに対してはまた別、「人生や世の中は不愉快なものであふれているからこれ以上不愉快なものは必要ない、だから僕は美しく幸せで好ましいものだけを絵にする」と言ったルノワールに同調する身としては、これ以上なく楽しく好ましく幸せな演目であるくるみ割り人形こそ至上。

 

f:id:emash:20161215194003j:plain

第三幕後の休憩時間…

f:id:emash:20161215193801j:plain

その間にがっちり食べる客の多さにびっくり。東京の劇場と違うね

f:id:emash:20161215214407j:plain

カーテンコール

夢のような時間はあっという間に過ぎ、9時を回る頃に無事閉幕。
初めてのマリインスキー劇場は素晴らしい体験だったが、唯一心残りがあるとすれば閉幕後に買おうと思っていたコミカルなくるみ割り人形売店が閉まってしまっていて買えなかったこと。観覧する人は買い物のタイミングを逃さないように気を付けられたい

 

f:id:emash:20161215194123j:plain

左下の喪黒福蔵みたいなやつね

f:id:emash:20161215194255j:plain

これ欲しかったなあ

f:id:emash:20161216040946j:plain

公演後の大渋滞とマリインスキー劇場遠景

気が付けば腹が減った。芸術は素晴らしくとも芸術で腹は満たせない!
ので帰りがけに駅前のケバブ屋で空腹を満たす。笑

vimeo.com








 

オーバーシュート宣言の日

しばらくブログがご無沙汰の間に世の中が予想つかない方向に動いていて戸惑うばかり。

とうとうオリンピックも延期となったし、まさか全世界で引きこもりが推奨される世の中になろうとは。いやー自分としても旅行の日程が二週間もずれていたら行った先で入国拒否で立ち往生の憂き目にあっていたというね。日本が貧乏になったことを身に染みて思い知った今月の「北の大三角形」(命名)の旅はロシア編を終わらせた後でぼちぼち始めるとして、やはり濃厚接触と無縁な自転車通勤はこういう時に最強なので強くお勧めしたい。

 

花見どころでない阿鼻叫喚の世をよそにクリスマスローズが咲き乱れる我が家の三月。

f:id:emash:20200320115658j:plain

f:id:emash:20200320115711j:plain

 

抵当権解除はもちろんセルフで

悲願の抵当権抹消手続きは司法書士に依頼すれば実費別で1万円~2万円程度、自分でやれば実費(収入印紙代)のみの2000円。
であれば自分でやるしかない。何としても切り詰めたいほどの莫大な差額ではないもののこれも家に関わるイベントである以上、なるべく自分でやってみようというのが家づくりにおけるポリシー。

やってみたら拍子抜けするほどあっけないのでこれは是非お勧めしたい、ていうかこんなのであっさり万単位の収入を得られるのだから司法書士の独占業務というのはボロいなあというのが正直な感想。とはいえ悔しかったら司法書士になってみなっていうことなので、ボロい商いも死ぬほど勉強して司法試験を勝ち抜いたことへのご褒美の一つと考えれば得心がいく。

抵当権抹消手続きのためには2000円の収入印紙のほか、申請と受け取りの二回に渡って平日に法務局を訪れる必要がある。

 

f:id:emash:20190927161511j:plain

法務局の所轄は住所により異なる。自分の場合は九段下

ということで人間ドックの後の空き時間を使って法務局を訪れたのが9月の終わり頃。
必要な提出書類は抵当権が記された登記識別情報通知、完済後に銀行から送られてきた抵当権解除証書、法務局HPからダウンロードした登記申請書の五枚。たったこれだけ。

 

f:id:emash:20200126232159j:plain

左から土地と家の登記識別情報通知書、登記申請書、抵当権解除証書

必要情報を記入して判を押し窓口に持っていくと不備がないかその場で改められあっさり受領され、引き換えに受け取り日程の通知書を渡される。

 

f:id:emash:20190927161416j:plain

 

これで手続き終了。二週間後に半休を取って法務局で新たに作成された登記識別情報通知書を受け取って手続きは全て終了。

いや簡単。これまで自ら陸運局に足を運んで自動車の登録を行ったことが何回かあるが、個人輸入代行で入手した車の登録を行った時の難易度を5としたら*1、転居に伴うナンバー再発行は2、今回の手続きは1。難易度としてはその程度。ということで、忙しい人なら手間暇を金で買うつもりで司法書士に頼むのもありだが、こんなに簡単に出来ることなら自分でやってみることを是非お勧めしたい。一般企業と違う官庁の雰囲気や来庁者ウォッチもなかなか面白い。

 

 

*1:業者向け窓口独特の固い雰囲気にかなり戸惑うが窓口の担当官は結構親切、不備だらけの書類でもどこを直せばいいか教えてくれる。

今年の私的重大ニュースは我が家が我が家になったこと

今を去ること5か月前の七夕の日。

f:id:emash:20190929134548j:plain

東京オリンピックに間に合った笑

とりわけ高収入なわけでなく実家の支援があるでなく、もちろんダブルインカム世帯でもない自分が9年(土地を購入してからは10年)で完済出来た理由は、以前にも書いたが自分の健康を担保に生活に最低限必要な資金以外はほぼ全て借金返済に注ぎ込んできたため。
2.2%で始めた住宅ローンは途中一回借り換えて0.7%ほどの低金利になったため、繰り上げ返済する金があるならそれ以上の金利で運用する(米国債は3%程度)方が正解であったのには違いない。しかし損得は別としてとにかく借金を返して一度身軽になりたかったという気分の問題。
大病の一つも抱えたら即破綻するこの一か八かのエクストリーム繰り上げ返済は決して他人にはお勧めできるものではないが、結果としては賭けに勝って無事生還。しかし我が家を我が物にしてふと振り返ってみればいい歳こいて貯金と呼べるほどの貯金もない惨状。
しかし毎月の借金の返済と我が家を差し押さえられるプレッシャーからの解放感は何物にも替え難い。令和元年は自分にとって本当の意味でのマイホーム元年となったのだった。

 

おろしや国一週間(19)2018年12月19日 サンクトペテルブルクその8

カフェシンガーで一休み

再びネフスキー大通りの中ほどまで戻ると大型書店チェーンのドム・クヌーギで一休み
ペテルブルク店の建物はアールヌーボー調の格調高いビルで、元はシンガーミシンのビルであったとか。なので中2階に設けられたカフェはシンガーカフェという訳だ

f:id:emash:20181219114207j:plain

f:id:emash:20181217133911j:plain

f:id:emash:20181217133906j:plain

f:id:emash:20181217130544j:plain

常に満席カフェシンガー、コーヒーとデザートで400ルーブルくらい
 
そして冬宮へ

シンガーを出ると更に通りを東に進む。ネフスキー大通りの突き当りがロマノフ朝の冬宮殿*1、現在の名をエルミタージュ美術館。午前中に訪れたスモリーヌイ修道院と同じくイタリア人建築家ラストレッリの設計

 

f:id:emash:20181219183917j:plain

f:id:emash:20181219123649j:plain

f:id:emash:20181219185138j:plain

f:id:emash:20161214194614j:plain

広場を取り囲むように

f:id:emash:20161214194023j:plain

ロシアがローマの象徴である双頭の鷲を国章とするのはかつて皇帝が東ローマ帝国の姫を娶ったことから

f:id:emash:20161214231700j:plain

f:id:emash:20161214232219j:plain

ちな夜景

ハイシーズンである8月には入場するのに二時間待ちは当たり前というエルミタージュも真冬であれば待ち時間ゼロ。やはり来るなら冬だね

 

f:id:emash:20181219134601j:plain

f:id:emash:20181219135040j:plain

f:id:emash:20181219150332j:plain

f:id:emash:20181219141752j:plain

f:id:emash:20181219150225j:plain

 


うんざりするほどの宮殿内部の豪華さはここに書くまでもないので省略。
エカテリーナ宮殿の「琥珀の間」に対し、こちらには「マラカイト(孔雀石)の間」も見どころ。

 

f:id:emash:20161214145620j:plain

f:id:emash:20161214145658j:plain

f:id:emash:20161214145738j:plain


美術館のコレクションとしてはラファエロダヴィンチといったルネサンス期よりも印象派の充実ぶりが好ましい。美術館にしては珍しく撮影禁止でない鷹揚さがいい

 

f:id:emash:20161214193936j:plain

クロード・モネ「霧のウォータールー橋」。そもそも霧にかすんでいるうえにモネの作風だから殆ど透かしのような

 

美術館は博物館でもあり、内部にはピョートルの部屋も再現。

大北方戦争で大国スウェーデンに勝利を収め現在に連なる「強いロシア」の始祖ともいえるピョートル一世は身長2mを超える大男であったが手先が器用で大工仕事が得意、船大工も花火師も習得してしまったのは凄いがしまいには歯科医の真似事にまで凝りだし、集めた手術道具で側近の歯を抜きまくって恐れられたという困ったエピソードも持っているが、件の歯医者道具までここには展示されている。

 

f:id:emash:20161214150900j:plain

f:id:emash:20161214152722j:plain

f:id:emash:20161214152731j:plain

いや、怖いでしょ

f:id:emash:20161214190936j:plain

見た目も功績もキャラも濃すぎるピョートル大帝

 

f:id:emash:20181219140519j:plain

しかし子供人気は抜群

f:id:emash:20181219140530j:plain

説明不要の分かりやすさ

f:id:emash:20181219175156j:plain

個人的には土産コーナーにあった熊にまたがるプーチン像が一番のツボ。15万ルーブル誰が買う

 

*1:夏宮殿は言うまでもなくエカテリーナ宮殿

おろしや国一週間(18)2018年12月19日 サンクトペテルブルクその7

 
Kawaiiの殿堂スモリーヌイ修道院

地下鉄駅のホームまでエスカレーターを5分も降りる必要のあるモスクワやペテルブルクではトラムやバスの利便性の高さが際立つが、非地元民が利用するのには敷居の高い存在。

 

だった。

 

ネット社会の素晴らしさは、こういった慣れがなくては使いこなすのが難しい地元バスを一見が易々と使いこなせてしまうところ。

ということでピョートル一世の娘エリザヴェータ帝の命で創設されたロシア最古の女子修道院までバスで行ってみる。地下鉄なら駅から軽く徒歩30分はかかるところ

 

f:id:emash:20181219071544j:plain

「サーシャ♡」の落書き

f:id:emash:20181219071732j:plain

高さ101mの聖イサアク大聖堂。朝8時はまだこんな

f:id:emash:20191117145204j:plain

分かりにくい地元バスもGoogle先生にかかればこの通り

f:id:emash:20181219092126j:plain

こんなバス停は一見さんにはお手上げでしょうな

f:id:emash:20181219092558j:plain

果せるかな時間通りにトロリーバスがやって来て

f:id:emash:20181219095455j:plain

降りるバス停も分かっているから何の不安もない

f:id:emash:20191117145533j:plain

移動中…

市内一律料金は30ルーブルだったか50ルーブルだったか忘れたが、小銭なくてもクレカ決済可能なので問題ない。都バスより遥かに安くかつ便利。
ネヴァ川近くのバス停で下車

vimeo.com

 

f:id:emash:20181219100153j:plain

てくてく歩いていくと

f:id:emash:20181219100442j:plain

あ、この建物いいね

f:id:emash:20181219100658j:plain

見えてきた

f:id:emash:20181219161907j:plain

当然のように世界遺産

f:id:emash:20181219162004j:plain

現役の修道院なので勝手に中には入れない

f:id:emash:20181219101722j:plain

塀に沿って周る

f:id:emash:20181219101716j:plain

こんな崩壊した基礎でも問題なし?地震のない国は素晴らしい

f:id:emash:20181219162751j:plain

しかしまあ

f:id:emash:20181219163136j:plain

お菓子の家のように可愛らしいこと

f:id:emash:20181219163427j:plain

f:id:emash:20181219164540j:plain


設計は冬宮と同じくイタリアの建築家ラストレッリ。
空色の外壁は雪景色に最高にマッチする。あまり日本には知られていない「可愛らしいロシア」の一面。

 

f:id:emash:20181219164650j:plain

寒さで手がやばくなってきたので帰路につく

f:id:emash:20181219165308j:plain

f:id:emash:20181219165411j:plain

f:id:emash:20181219165436j:plain

この風景は凄くいいね

f:id:emash:20181219165654j:plain

この街で唯一生き残った?マルクス先生像