カサエゴ

Casa Egoista (定員一名の小さな家)

二度目の玄関タイル張り(2)セメントでは駄目だった

タイルカットはいつものところにお任せ

注文した玄関タイルが届く。前回と同じくレンタカーを借り、これもまた前回と同じく川口市㈱ハマストーンに持ち込む。個人の細かい仕事も快く引き受けてくれる職人はいそうで余りいない。素人にとって職人というのはなんだか無愛想でとっつきにくい人達という印象を持たれがちな中で、このような個人にも敷居の低い石材店は自分のようなDIY屋にとって貴重な存在。

「こんにちはお久しぶりです。これがそのタイルですか」
「またお世話になります。お送りした図面のようにお願いします」
「また自分で貼るんですか。やりますね(ニヤリ)」
「ええ家の猫のせいで」
「猫」
「猫」
「…図面見るとサイズが色々ですが、どこにどれを使いたいとか希望ありますか」
「えーと今回のは結構色むらがあるタイルなんで。白っぽかったりグレー味が強かったり茶色ぽかったり。出来れば白っぽい色味で揃えたいんですよ」
「んーと、あんまりお勧めしないですねそれは。こういうナチュラルな風合いのタイルは変に計算せずに自然にやった方がいいですよ。でないと却って不自然になるんで」

さすがプロのアドバイスは的を射ている。それでは完全お任せで、と言って預けて待つこと三週間、GWに突入する二週前に綺麗にカットされたタイルが到着。

f:id:emash:20190610003630j:plain

宅配便も台車で運ぶ重さ
平成最後のGWに平成最後のDIY開始

満を持してGW初日、いよいよ工事を開始。
今回のツールは

f:id:emash:20190428152739j:plain

左から目地鏝(結局使用せず)と貼り付け用のセメント、攪拌機と目地材、5mm櫛目鏝にゴムハンマー、上段は今回初使用のレベリングスペーサーとそのクリップ。

前回は貼り付けにボンドを用いたが、今回は正統派のセメントを用いた施工とする。セメントの食いつきを良くするには既存タイルの表面を斫った方がいいらしいのだが、狭いとはいえ玄関一面のタイルの表面をグラインダーで斫るのも相当に大変な作業だし、騒音や粉塵による汚れもかなりのものとなることが容易に予測され、また斫るにしても均等に水平に斫り下げることが出来なければその上に貼るタイルも凸凹になってしまう等、我が家で行うには色々難点が見つかったのでその過程は省略。ま、接着セメントというくらいだから何とかなるだろう。

 

早速セメントをバケツにあけると規定量の水を加え念入りに攪拌、
頃合いを見て鏝で既存タイルの上に塗り広げ

塗り広げ

塗り広げ。

塗り広、がらない。

どれだけ鏝で均そうとしてもタイルセメントは鏝に絡まってダマになるだけで下のタイルには少しも張り付かない。これはどういうことだ。

ああ、失敗した。ボンドならともかく、セメント程度の接着力では釉薬の乗ったタイルの表面には貼りつかないのだ。タイル表面を斫るのを怠ったのが原因なのは言うまでもないが、とはいえ斫るのも無理だよなあ。家の中粉塵で真っ白くなっちゃうよ

どうするか。とにかくセメントを玄関一面にぶちまけて、無理やりタイルを乗せて乾くのを待とうか。いやそんなことをしても乾いたらたちまち剥がれてしまうだけで、それこそ取り返しのつかないことになってしまう。

数分の逡巡の後、取りあえず所在なげにタイルの上に乗っている分のセメントを手早く回収しバケツに戻すと自転車で最寄りのホームセンターまで走る。セメント接着増強剤を二袋ほど購入。これを加えれば、あるいは何とかなるかもしれない。
しかし往復のロードバイクの爆走もむなしく、帰宅する頃には速乾性のセメントは早くもバケツの中で硬化が始まっていた。これで万事休す。

教訓:タイルオンタイルにセメントは無理

 

おろしや国一週間(17)2018年12月18日 サンクトペテルブルクその6

ペテルブルク発祥の地へ

18世紀の大北方戦争においてピョートル一世が宿敵カール十二世率いるスウェーデン軍への備えとしてネヴァ川河口に築いたペトロパヴロフスク要塞がサンクトペテルブルクの街の始まり。現在はロマノフ王朝の霊廟となっているペトロ・パウェル大聖堂が聳え立つ要塞跡へはゴリコフスカヤ駅から徒歩10分。

f:id:emash:20161215173521j:plain

青い二番線のゴリコフスカヤ駅

ルートはこんな感じ。道のどこにも案内板がないがひときわ目立つ大聖堂のお陰で迷う心配はない


f:id:emash:20181218205108j:plain

凍てつくネヴァ川にかかる橋を渡る

f:id:emash:20181218205312j:plain

f:id:emash:20181218205349j:plain

f:id:emash:20181218205609j:plain

f:id:emash:20181218205735j:plain

f:id:emash:20181218210107j:plain

f:id:emash:20181218210122j:plain

ペトロ・パウェル大聖堂の霊廟

大聖堂には所せましと石棺が並べられているが壁にガイドが貼られているので分かりやすい。ビッグネームは祭壇前最前列に並ぶ

f:id:emash:20181218212147j:plain

エカテリーナ二世の棺

f:id:emash:20181218150844j:plain

最前列右端にトルソー付きのピョートル一世、隣は妻のエカテリーナ一世

f:id:emash:20181218154244j:plain

中央部に位置し、肖像画が飾られひときわ多くの花など手向けられているのはマリア・フョードロヴナの棺。デンマーク王室からアレクサンドル三世に嫁入りした彼女の美貌は際立っており、その息子である最後の皇帝ニコライ二世のハンサムは母譲りであることがよく分かる

 

ロマノフ朝最後の一家の棺は祭壇から離れた別室に

f:id:emash:20181218212741j:plain

最後のこの霊廟に加えられたその息子ニコライ二世たちの棺は幅1メートルほどしかなく、さらに中身はニコライのみならずその一家全員の遺骨が纏められている。ロシア革命の過程で虐殺された一家の遺骨は粉砕されたうえバラバラに炭鉱に埋められたため、ソ連民主化の過程にある1998年に掘り起こされ改めて国葬された時にもごく一部しか発見されなかったからだ。そしてニコライの子のうちアレクセイとマリアの遺骨はごく最近まで鑑定が行われており、未だこの場に葬られてすらいない。

最後の皇帝ニコライ二世は皇太子時代に訪れた日本で警備の警官に切りつけられ重傷を負い(大津事件)、そのせいか帰国後日本人を猿と呼んでひどく侮蔑するようになる。その侮日感情は日露戦争開戦の遠因になったと言われているほどで人格的にはあまり親しみを感じられない人物ではあるが、その一家の悲劇的な最期には同情を禁じ得ない。ソ連崩壊がなかったら彼らはここに改葬されることもなく、炭鉱の穴の底で未だ泥濘にまみれたままであっただろう。

 

f:id:emash:20181218212515j:plain

 

聖堂内部はいつものように豪華絢爛。いつものように、としか言いようのない豪華さ

 

vimeo.com

 

大昔要塞昔刑務所、今は陰気な博物館

大聖堂を出ると隣接する要塞跡へ。要塞としての役目を終えた後長く政治犯を投獄する刑務所として使用され現在は刑務所博物館となっているが、内部は薄暗く、廊下に立っている職員も陰気で怖いもの好きの人にはお勧め。

 

f:id:emash:20161215161436j:plain

f:id:emash:20161215162256j:plain

陰気な廊下の突き当りには陰気な爺さんが陰気な顔で突っ立っている。怖

f:id:emash:20161215163034j:plain

f:id:emash:20181218162942j:plain

壁の内部に厚くフェルトが張られていたのは防寒のためではなく、囚人同士の壁を叩くことによるコミュニケーションを阻止するためとのこと。


f:id:emash:20161215163518j:plain

レーニンの実兄であるアレクサンドル・イリイチもここに投獄されていた

閉館時間になって外に出ると既にとっぷりと日が暮れている。要塞跡に隣接する拷問博物館という看板のマネキンが悪趣味な施設を素通りし帰路を急ぐ。

 

 

f:id:emash:20181218222805j:plain

f:id:emash:20181218231713j:plain

右手ペトロ・パウェル大聖堂、奥がペトロパヴロフスク要塞跡

f:id:emash:20181218231820j:plain

f:id:emash:20181218172202j:plain

対岸のサンクトペテルブルクの街の灯 右

f:id:emash:20181218172226j:plain

対岸のサンクトペテルブルクの街の灯 中央

f:id:emash:20181218172130j:plain

対岸のサンクトペテルブルクの街の灯 左

f:id:emash:20181218233927j:plain

帰りも橋を渡る

f:id:emash:20161215231831j:plain

f:id:emash:20181218182957j:plain

雪の公園をちんたら通り抜けてゴリコフスカヤ駅に到着










 

二度目の玄関タイル張り(1)割り付けと張り方を決める

玄関用に二度目に貼るタイルは前回と同じ伊Refin社の「Voyager」に決定。購入元はいつものサンワカンパニー

購入を決めた時点では品切れ、再入荷される2月後半までに割り付けを考える。
600mmX600mmの大判だった前回と違い300mm×600mmの中判タイルなのでバランスよくできるだけ均等なタイル割にするとして、目地はどうする。すなわち馬目地にするか、前回同様に芋目地にするか。

 

前に施工した玄関タイルもキッチン壁のタイルも芋目地。我が家のタイルは軒並み芋目地なのだが、今回はタイルの趣からして馬目地が合うのに決まっている。何でってそう直観したのだから仕方ない。

f:id:emash:20190529002454j:plain

ハマストーンにタイルカットを外注する際に送付した割付図


前回5mmとった目地幅は今回は2㎜とする。目地は太いほど素朴な風合いが増し、細いほどシャープな印象となるが、家づくりにおける腕前の進歩を試す意味もあって今回はそこそこシビアな調整が求められる細い目地を試みる。さらに目地そのものを打たない「目地なし」という貼り方もあるにはあるが、ほんの僅かな誤差も調整できない目地なしは難易度が高すぎるので採用せず。現場でタイルをカットして張るならサイズ調整は可能だが、これらタイルのカットは全て外注なので、ずれや狂いに気づいたところで後の祭りになるからだ。ほんの1㎜であろうとスペースが足りなければタイルは収まらない。
ということでオーソドクスに目地は打つ。ただし出来るだけ細目に。

 

おろしや国一週間(16)2018年12月18日 サンクトペテルブルクその5

ピロシキ食べたらドストエフスキーさん家に行こう

ピロシコバヤでブランチの後はゆるゆるとドストエフスキーが生前住んでいたアパートへ歩く。


文豪ドストエフスキーが生前居住していたアパート*1がそのまま博物館になっている。

徒歩ルートはこんな感じ、ちんたら歩いてもピロシコバヤから10分程度

 

 

f:id:emash:20181218114044j:plain

角地、陽当たり良好

f:id:emash:20181218114057j:plain

f:id:emash:20181218121833j:plain

五階建ての二階部分がドストエフスキー

f:id:emash:20181218121553j:plain

仕事場

f:id:emash:20181218121713j:plain

窓から中庭を眺める

作家としてそれなりに成功していたにしては質素な住まい、それも生前の無軌道な生活ぶりを知るならば納得がいくに違いない。今でこそトルストイと並ぶロシア文学二大巨頭のような扱いを受けているフョードル・ドストエフスキーだがギャンブル依存症で借金漬けの生活破綻者であったことはつとに有名。この街で若い妻と暮らし始めて晩年になってようやく人並みの安定した生活を手に入れたらしいが、彼の作品に多く登場する「どうしようもなく弱い人たち」の説得力のあり過ぎる描写は彼だからこそ成しえたのかもしれない。

 

市場に寄り道

ドストエフスキー家を辞してぷらぷら歩いていると、市民が出入りしている大きな建物を発見。中を覗いてみると市場が広がっていた

f:id:emash:20181218125816j:plain

この建物

f:id:emash:20181218123627j:plain

中はこんな感じ

f:id:emash:20181218123720j:plain

乳製品コーナー

f:id:emash:20181218123737j:plain

ヨーグルトは量り売り

歩き回ってみると蜂蜜売り場を発見。結構安いので二種類の蜂蜜を500gずつ買ってみる

 

f:id:emash:20181218125507j:plain

f:id:emash:20181218125503j:plain

f:id:emash:20181218125453j:plain

日本では見られない豪快な売り方

f:id:emash:20181218125458j:plain

奥の容器に詰めてもらう。お土産に最適だが漏れやすいので注意

場所は多分ここ

www.google.com






 

*1:欧州の大都市における住まいはアパートメントが基本、お金持ちは立派なコンドミニアムか高級賃貸アパートメント、貧乏人は粗末なアパートメント。都心にも関わらず一戸建てが多く建っている東京は欧州に比べかなり様相を異にする。念のため、日本でそこそこ立派なアパートメントを指す「マンション」は和製英語で本来の意味は「大豪邸」。日本に詳しくない外国人に「俺んちマンションでさー」というととんでもないホラ吹きか、さもなくば日本流の諧謔ととられるのが関の山なので注意

二回目の玄関タイル選び(決定)

f:id:emash:20190407172441j:plain

居候に破壊されたために二度目の施工を行うことが決定した我が家の玄関タイル。

 


当初イメージしていた綺麗めの木目タイルが何か違うと気づいたのが昨年の秋。
再び立て直したイメージを固めるべく、年が明けてから外苑前のサンワカンパニーショールームに再び足を運びあれやこれやを矯めつ眇めつ。

今年で完成から満9年を迎える我が家の課題は「綺麗に古びる」こと。綺麗に古びる家に相応しい玄関タイルは内床の一部のようにかっちりと綺麗に纏まったものでなく、その反対に「外」が家の中に入り込んだようなラフな趣のあるもの。正月休みに訪れた博物館動物園駅の床のように、えも言われぬ古びた味を出すタイルこそ我が家には似つかわしい。

 

f:id:emash:20190105100318j:plain

二十数年ぶりに開かれた廃駅

f:id:emash:20190105124700j:plain

f:id:emash:20190503071959j:plain

こういう床がいい

そのイメージを携えて再び訪れたサンワカンパニーで改めて候補となるタイルの現物の質感や感触や色艶をじっくりと確かめる。


f:id:emash:20190120175244j:plain

固まりかけたコンクリートのような表情の大判タイル「design industry」

f:id:emash:20190120173843j:plain

古い床石のような「Brick Stone」

 

f:id:emash:20190120180241j:plain

古い寺院の床のイメージ「Porto Velo」

f:id:emash:20190120175756j:plain

錆び板のイメージの「Voyager」


ポルトベロ」が最もイメージに近いものの、表面がやすりのようにざらついているのがどうも気になる。滑りにくいという利点はあるがここまでザラザラでは汚れやすさも汚れの落ちにくさも屋内床として看過できないレベルだろうし、雑巾がけをした雑巾などすぐにボロボロになってしまうだろう。

f:id:emash:20190120180253j:plain

転んだら膝を擦り剥くこと必至なポルトベロの表面

慎重に検討を重ねた結果、二度目の我が家玄関タイルは300mm×600mmの中判タイル「ボイジャー」のグレーに決定。地味すぎず派手過ぎず、わざとらしくもなく、程よくボロいこの趣が実にいい。我が家の狭い玄関にもきっといい感じにハマるだろう。工事は暖かくなって十分な時間の取れる平成最後の大型連休に行うこととしよう

アオダモ三度目の春ブースト

アオダモ、三度目の春を迎え昨年にも増して枝の伸びが著しい。昨年もそんなことを書いていたような気がするが今年は更に更に加速度を増している

 

我が家に来た頃には自分の身長より低いくらいだった高さは今や3メートルを軽く超え、若葉の繁りは鬱蒼という言葉を想起させるほどになってきた。ここまで育てば先代のナツハゼのように立ち枯れる恐れは少なく、まずは一安心。引き続き令和も頑張ってくれたまえ

 

f:id:emash:20190420050907j:plain

まだ青々とした今年分の伸び枝。20㎝~30㎝ほどの伸展