カサエゴ

Casa Egoista (定員一名の小さな家)

猫砂パッケージ問題

重く大きく嵩張る上に消費が激しいという点で猫のトイレ砂は通販購入が最も適した品の一つと考えられるが、通販でのデメリットは送料がかかること。それを避けるために幾つかまとめ買いするのが常の我が家では買い置きを猫トイレの近くにある人間トイレと壁の間に積んで置いているのだが、ペット用品のパッケージはどうしてああ色彩センスが壊滅的なのか、とにかく色数が多くけばけばしい見た目はそれだけで部屋の雰囲気をぶち壊し、当たりが散らかっているかのように見せる破壊力がある。

 

f:id:emash:20190404215153j:plain

けばけばしい色とロゴそして可愛らしく擬人化された動物の絵、これがペット用品パッケージのデフォ

 

小さい家ですっきり過ごすにはこういう細かいところを疎かにしてはいかん。
ということで布袋を取り寄せ、猫砂はいったんこれ移し替えることとした。

 

f:id:emash:20190414134124j:plain

当初は雰囲気のある麻袋を考えていたが、目が粗いので砂が漏れるリスクを考え木綿袋に

f:id:emash:20190414134807j:plain

 

土嚢か非常袋のような見た目だが、あの毒々パッケージをそのまま置くよりは余程雰囲気には馴染む。インテリアを重視し、かつ二か月に一回くらいの手間が惜しくない猫飼いにはお勧めのライフハック

おろしや国一週間(14)2018年12月18日 サンクトペテルブルクその3

ピロシキ専門店でランチ

ロシア料理といえばボルシチピロシキ、あと知らない。という非グルメな自分でも足を運ぶ気になるのがカジュアルなピロシキ専門店、その名もピロシコバヤ。

ガイドブックにも必ず載っている程の有名店で、地下鉄駅でいえば一番線プロシャージ・ボスタニヤ(Площадь Восстания)駅が近いがネフスキー大通りを真っ直ぐ下って行くと辿り着く蜂起広場に面しているので、とにかくホームまで遠い地下鉄を使うより歩いて行った方が楽。店の場所は分かりやすいものの広場から見通せる場所にはなく、また看板も実に地味なので意外に分かり辛い。グーグル先生上でピンポイントで指定すると場所はここ

 

f:id:emash:20181218104037j:plain

立て看は勿論ないし英語表記もないので割と分かり辛い

f:id:emash:20181218112330j:plain

これでピロシコバヤ。英語への配慮は少ないのでロシア語の読み方は最低限覚えていった方が便利


半地下の店内はほぼファーストフード店のそれで、カウンターでメニューを見ながら注文して支払ってセルフで運ぶ。メニューはロシア語のみなので当然殆ど分からないが、ショーケースの物が欲しければそれを指さしてパジャールスタと言えば何とかなる

f:id:emash:20181218105420j:plain

ルーブル約1.8円程度(当時)。ロシアンB級グルメの王道

f:id:emash:20181218105540j:plain

これでスープも含めて300ルーブル程度。安い
おすすめはカーシャ

ピロシキ専門店といいつつメニューは意外と充実していて、スープもボルシチをはじめ数種類。中でも是非試してほしいのがカーシャ。表記は四文字「каша」なのでメニューでも分かりやすい。一言でいえば大麦などを牛乳で煮て甘ったるく味付けされたロシアンおかゆで、その摩訶不思議な味付けは日本人の口に合うとは言い難いが残さず最後まで食べましょう。ただ決して日本で口にすることはできないであろうという意味でボルシチピロシキよりお勧めの一品。

 

f:id:emash:20181218110545j:plain

甘党の人なら病みつきになるかも

f:id:emash:20181218105640j:plain

もう少し飾れよって言いたくなるくらい飾り気のない店内

 

Roman LWH

東京一とは言わないが、定住する家としては*1区の中で一番小さいのではないかと思っている我が家。その我が家より小さいのではないかという家が、日本より家が広くて当たり前の欧州のローマにあるという話。

 

見た感じ間口は明らかに我が家より小さく、高さも我が家より低い。もしかして奥行がずっと長いのかもしれないが、表から見た感じでは我が家よりさらに小さい。老婆の一人暮らしが想像されるが、手前に並んだ二台のバイクから察するに比較的若い夫婦の住まいかもしれない。

あばら家ではなくてきちんと住まわれている小さな家を見ると豪邸を見るより何だかわくわくするのは自分だけだろうか。新横浜のラーメン博物館で再現されている戦後の昭和の街並みには本当に小さな長屋が並んでいるのだが、その戸口をくぐるわくわく感に似ている。ローマを訪れた暁にはぜひ訪れてみたいものだ。

 

 

*1:明らかに我が家より小さな家が近所にあるが、見たところ人は住んでおらず事務所というか物置きになっている模様。

タイルと木の組み合わせの床

スパース・ナ・クラヴィーの床で思い出したが、職場近くにあるコレド室町の地階の床は40㎝角の天然石風タイルと無垢オークの組み合わせでなかなか面白い趣向。格子木のようなオークが和の風合いを出していて日本橋という場所柄にもよくマッチしている。

 

f:id:emash:20190215140159j:plain

面白くはあるがこの手のパターンはそれなりの反復を許す面積がなければ効果がないので個人宅の玄関には不向き、天然木であれば風雨に晒される場所にも使えないので庭やポーチにも向かず、やはりこういった公共施設屋内の床ならではの細工と言えるだろう。

 

おろしや国一週間(13)2018年12月17日 サンクトペテルブルクその2

f:id:emash:20181217153552j:plain

クリスマスイルミネーションで彩られた街並み

f:id:emash:20161216172036j:plain

f:id:emash:20161216172344j:plain

f:id:emash:20161216171353j:plain



スパース・ナ・クラヴィー教会の見どころは足元

サンクトペテルブルクはモスクワほど大きい街ではないので見どころは比較的コンパクトに纏まっている。市の中心部にあって一番手軽に訪れやすい見どころはスパース・ナ・クラヴィーСпас на Крови教会、正式名称はハリストス復活大聖堂というらしいが日本語では「血の上の救世主教会」という物騒な通称で知られている。なんでそんな通称がついたかと言えば1881年に皇帝アレクサンドル二世が暗殺された現場に建てられた教会なので。

(アレクサンドル二世は日本史の教科書に出てくるプチャーチンを日本に派遣して日露和親条約を結んだニコライ一世の子、ニコライ一世は女帝エカチェリーナ二世のバカ息子パーヴェル一世の子なのですなわちアレクサンドル二世はエカチェリーナの曾孫にあたり、またロシア最後の皇帝となったニコライ二世は孫にあたる。アレクサンドル二世を爆殺したナロードニキと呼ばれる反政府活動家グループは後にその孫ニコライと帝国をロシア革命で葬り去ることになるボリシェビキの始祖というべき存在であり…など、近代欧州史は複雑かつ多角的に事情が絡み合っている様が非常に面白い。日本史でも戦国時代の東北地方の大名は互いに親戚同士のようなものだが、欧州ではさらにスケールが大きく国単位で王室が親戚関係だからより面白い。急速に近代化が進んだ19世紀の欧州でも政治面では未だ中世の面影を強く残し、外交や戦争には単に国益だけでなく義理人情や感情が大きく影響しているそのアンバランスさも興味をそそる)

サンクトペテルブルクの見どころ三大教会を勝手に決めれば聖イサアク大聖堂とカザン大聖堂、そしてここスパース・ナ・クラヴィー。イサアクからカザンまでは徒歩20分、カザンからクラヴィー*1までは徒歩10分とかからないからこの街を訪れた観光客はまず全て足を運ぶのではないだろうか。

f:id:emash:20161214115155j:plain

f:id:emash:20181217173815j:plain

ネフスキー大通りを下るとほどなくして右手にカザン大聖堂

f:id:emash:20181217173642j:plain

運河を渡って左折すると正面に見えるのがスパース・ナ・クラヴィー教会

f:id:emash:20161214180508j:plain

2018年12月は補修工事中なので2016年12月の画像をご鑑賞ください

f:id:emash:20161214180914j:plain

f:id:emash:20161214181016j:plain

f:id:emash:20161214181131j:plain

f:id:emash:20161214181413j:plain

f:id:emash:20161214182050j:plain

 

実際に市民の教会として活動しているカザン大聖堂、ビザンチン様式が古めかしいイサアク大聖堂と比べ最も華やかで美しい教会がここスパース・ナ・クラヴィー。入場するとまず少しの隙間もなく壁画と天井画で埋め尽くされた空間に圧倒されるが、この教会の最大の見どころは足元のモザイク床にある。計算機もなければグラインダーもなく、手書きの寸法図片手に手作業で石を切り出していた19世紀にこれだけ精密で美しく寸分のずれもない(目地で調整とかの類の誤魔化しも一切ない)直線と円弧が組み合わされた芸術的なモザイク床を作り上げた職人技とセンスには感嘆するばかり。同じことを現在の職人がやろうとしてもそう簡単にはできないのではないだろうか。1.5メートル×1メートルにも満たない我が家の玄関のタイル張りに四苦八苦するぽんこつDIY職人も、その霊感の一滴でも恩恵に預かれたら大変に助かるのだが。

 

f:id:emash:20161215192809j:plain

f:id:emash:20161215192904j:plain

f:id:emash:20161215192919j:plain

f:id:emash:20161215192005j:plain

f:id:emash:20161215194048j:plain

これは天井

f:id:emash:20161215193035j:plain

そして圧巻の床シリーズ

f:id:emash:20161215193054j:plain
f:id:emash:20161215192456j:plain

f:id:emash:20181217115246j:plain

f:id:emash:20181217115255j:plain

f:id:emash:20181217115418j:plain

f:id:emash:20181217121927j:plain

f:id:emash:20181217121959j:plain


vimeo.com

 

すごいね、職人。

 

*1:Кровиは血という意味だからクラヴィーという略し方は適切ではないかもしれない

おろしや国一週間(12)2018年12月16日 サンクトペテルブルクその1

シェレメーチエヴォでは余裕を持った乗り換えスケジュールを!

成田から10時間のフライトを経てモスクワのシェレメーチエヴォ空港に到着するのは現地時間17時35分、70分後発の国内線に乗り換えて2時間強でサンクトペテルブルクに到着するタイトなスケジュールを組んだがやはり無理があったという話。

まず現地到着時間からしてやや遅れ、降機した時点で残り時間は40分。羽田空港であったなら乗り換えには十分な時間だろうが、シェレメーチエヴォ空港の国内線ターミナルEまでは遠い遠いひたすら遠い、同じ空港名を名乗って欲しくないほど遠い。どれくらい遠いかと言えばターミナル内を歩くこと15分で専用モノレール発着駅に到着、乗ること10分で下車してからもゲートまでまた5分歩く。最短でも30分、構造も職員もお世辞にもカスタマーフレンドリーとは言えないシェレメーチエヴォ空港で、国際線から国内線に乗り継ぐのに初見でこの最短コースを脇目も降らずスタスタ辿れる人などまずいまい。

ということで人生初の飛行機乗り遅れという旅慣れテーラーにあるまじき大失態を演じ、3時間後の後続便チケットを買い直す羽目に。初めから乗り換え4時間のこの便にしておけば良かった。

市内までの移動はバスがおすすめ

大抵の国際空港からは市内までアクセスする直行列車が乗り入れているものだが、サンクトペテルブルクのプルコヴァ空港にはそのインフラはない。なのでвыход*1とExitが併記されている出口を出たら声を掛けてくる白タクの運ちゃんには目をくれず、真っ直ぐ正面に止まっている市の中心部行きバスに乗り込む。両替しなくてもバスには車掌が乗っていてクレカ決済OKなので、わざわざ空港内の両替所で余計な時間を使うことはない。50ルーブルだったか65ルーブル(1ルーブルは1.8円程度)だったか忘れたが、いずれにしても白タクなら5000円ほどは吹っ掛けられる(らしい)ことを思えば格安。30分ほどの道程で途中何か所か停車するが、とりあえず終点まで乗っていればOK。あとは最寄りの地下鉄駅に乗ってホテルまで移動。

 

f:id:emash:20181217152417j:plain

夜明けの冬宮と

f:id:emash:20181217152957j:plain

夜明けのネフスキープロスペクト(大通り)。夜明けといっても朝9時でまだこれくらい


 

*1:入口がвходで出口がвыход、英語併記がない施設も少なくないのでとりあえずBから始まる単語がついているドアがあったら入口か出口と思っておけばいい

おろしや国一週間(12)2018年12月16日 サンクトペテルブルクその1

以前の首都であり歴史的建造物が多いことからサンクトペテルブルク(セントピーターズバーグ)についてしばしば東京に対する京都のようにイメージしている方も多いと思うが、18世紀初めのスウェーデンとの大北方戦争のためにピョートル一世がネヴァ川河口に築いた(今も残る)要塞がこの街の起こりであるため決して京都のような古都ではなく、寧ろモスクワに比べればかなり新しい街といえるのだが、地理的にもヨーロッパの影響を強く受けた文化芸術の都であることには違いなく、北欧から簡単にアクセスできることもあって我々日本人にはモスクワよりとっつきやすい街ではある。 サンクトペテルブルクへは2016年はペトロザボーツクから特急列車で入り、その二年後にはモスクワから空路で入ったのだが…


(近況)年末の組織改編で大阪の本社業務部門に異動となり、大阪への片道切符を免れた代わりに社内で傍流に身を置くことと大阪と東京を行ったり来たりする生活が不可避となった。今年は年明けから平日の半分近くは大阪出張で東京では深夜まで仕事、家に帰ったら帰ったで居候が粗相していて休日は家事に忙殺されるという日々でブログを更新する暇もなかなか取れない。今日もこれからすぐ大阪に向かって発たなければならない…ということで続きはまた後日。